風の薫 歳時記

風の薫 歳時記
風の薫からのお知らせや近況のご報告をお届けします。

2020年9月9日水曜日

菊の節句と秋のお料理

 


9月になると、伊東では涼しい風が吹くようになりましたが、
海の上にはまだ時折、入道雲がかかるこの頃。
しかし、お皿の上では秋の景色が広がっております。
秋の献立がはじまりましたが、皆さま、お召し上がりになりましたでしょうか。
この度は、小さな一品として煮物のご紹介をさせていただきます。
菊の花を散らした蟹の飛竜頭をご用意致しております。

飛竜頭は、お豆腐をベースに丸く形作られたお料理で、
関東ではがんもどき、関西ではひりょうず、ひろうす、とも呼ばれています。
ポルトガルにはフィリョースという小麦粉をこねた丸いお菓子があり、
そこからこの名前がついたと言われています。
日本へは鉄砲の伝来と近しく、戦国時代にフィリョースがもたらされました。
江戸時代には小麦粉の代わりにもち米と糖蜜で、これに似せたお菓子がつくられ、
その後に発展して、この料理が作られたと言われています。

秋といえば、重陽の節句。
菊は重陽の花として大切な花ですよね。
重陽の節句は9月9日。本来は旧暦の9月に行われました。
中国から伝来し、平安貴族の間で定着したこちらのお祝いは、
奇数の月日が重なると縁起が良いことから、その時に合わせ、
菊酒を飲み、菊のお料理をいただくなど、
菊の薬効にあやかる大切な行事として守られてきました。

この度の秋のお料理にも、飛竜頭に菊花が散らされて、お色目も美しく
あったかくて美味しい一品でございます。
風の薫の秋のお料理、ぜひ一度お召し上がりくださいませ。
皆様のお帰りを、心よりお待ち申し上げております。

2020年9月1日火曜日

夏のかえるジャンボたからくじ当選番号

夏のかえるジャンボたからくじ、当選番号が発表されました。

2020年8月8日土曜日

写真のひととき

 

入道雲が青空に映える季節になりました。
きらきらした陽射しを浴びて、心は海に山に、様々なところへ行きたくなります。
今年はこのような社会情勢ですから、おいそれと遠出を望めないことは真実です。
それでも夏は、家族や大切な人となにか素敵な思い出を作りたいものですよね。

想い出と言えば記念写真。
古いアルバムを開くと、そこには子供の頃のあなたが笑顔で写っていることでしょう。
1810年にフランスで写真術が開発されてから、
そこから世界中に写真の需要は広まったと言われます。
日本にも明治以降に写真術がもたらされました。
例えば、被写体が長い間動かずにいて、画像を写し取ったのは、有名なお話ですよね。
その画像は、薬品を塗布した紙に写し取られ、その後は紙からフィルムへと変化しました。
さらにその画像を色ごとに分解してガラス乾板などへ写し取って、
まるで江戸時代の浮世絵版画のように、一色一色刷り重ねてカラー写真を作ってゆく技術も生まれました。
写真は、印刷技術と非常に密接に結びついていたのですね。

しかし近年はそんな印刷技術と離れて、写真は自由に発信されるようになりました。
カメラの精密度もさることながら、携帯電話やスマートフォンで自由に写真を撮影し、
画像データを大勢の人々に見てもらえるようになったのは、めざましい発展です。

手元に残す写真から、発信、シェアする写真へ。
だからこそ、もっと素敵な写真をとりたい、と多くの方が思っているはずです。

只今風の薫では、第一回フォトコンテストを行っております。
ご宿泊中にとれたとっておきの写真を、ぜひご投稿くださいませ。
過去に宿泊された時の、想い出の写真も大歓迎です。
#風の薫 #第一回風の薫フォトコンテスト と
ハッシュタグをつけていただくことで審査の対象となります。

この8月、素敵な写真で想い出を記録、投稿してみませんか。
皆さんのご参加を、心よりお待ちしております。