風の薫 歳時記

風の薫 歳時記
風の薫からのお知らせや近況のご報告をお届けします。

2017年2月1日水曜日

駿河湾産 生しらす

 
2月 料理長おすすめの一品「駿河湾産 生しらす」
 
「しらす」は漢字で「白子」。その名の由来は体が透明だから。
カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシなどイワシ類の生後
12ヶ月の幼魚の俗称を「しらす」と呼びます。
静岡県は、黒潮の流れがあり、沿岸付近には栄養分のある河川水が多く流れ込み、
しらすの生育に適した環境。そのため高い水揚げ量を誇っています。
 
しらすは豊富な栄養素の宝庫です。
【カルシウム】
なんと小皿1杯、100gほどで、1日分のカルシウム、約500mgも摂れます。
カルシウムは吸収率の低い栄養素ですが、ご丁寧にしらすには、その吸収を
促進するビタミンDも多く含まれているのです。
しらすをポン酢醤油などと一緒に召しあがると、柑橘類やお酢に含まれるクエン酸が、
カルシウムの吸収を助けてくれるという、美味しい相乗効果を発揮します。
DHAEPA
DHAは、脳細胞に働きかけ、記憶力の向上、認知症などの老化防止効果があります。
また、人間の痩せるホルモンに働きかけ、中性脂肪や、体内の悪玉コレステロール値を
下げる作用があります。
EPAは、コレステロール値を下げ、血液をサラサラに保ちます。高血圧や動脈硬化、
脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病を予防します。
 
【ミネラル】
しらすには天然のミネラルである、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレニウム、
鉄、などが豊富に含まれています。疲労回復、ストレス緩和、風邪などの免疫力低下を
予防します。
 
【エラスチン】
エラスチンは、コイルのようにコラーゲンに絡み付き、お肌のハリと弾力を維持するタンパク質で、皮膚の真皮や血管に存在します。お肌のエラスチンは、歳と共に減っていき、シワやたるみの原因となります。
【メチオニン】
メチオニンは、必須アミノ酸のひとつで、お肌の細胞を作るタンパク質、ケラチンを形成しています。肝機能を高めたり、アレルギー、老化の症状を緩和する作用もありますが、体内で作る事ができないので、食事から摂ることが大切です。
 
栄養たっぷりの生しらすですが、産地で味わえばまた格別です。
生しらすの甘みやほろ苦さは、採れたて新鮮でなければ体験できません。
是非、風の薫まで足を運んでいただき、海の風を感じながらお試しください