風の薫 歳時記

風の薫 歳時記
風の薫からのお知らせや近況のご報告をお届けします。

2019年11月2日土曜日

【伊東温泉 竹あかり】

 
 
 
 
 
 
霜月となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
 
私たち日本人と関わりの深い竹。
 
その古さは縄文時代の遺跡から竹製品が出土するほどで、
生活用具のみならず、建材として、茶華道具や楽器として、
また武道の世界にまで、私たちが生きるあらゆる場所に
浸透しておりますよね。
 
安土桃山時代、千利休が伊豆の韮山から切り出した竹を取り寄せ
花入れを作り、侘びの道具として、新たな美的価値を吹き込みました。
それ以降現代に至るまで、竹は日本文化の象徴の位置にあると言っても
過言ではありません。
 
そんな竹と美の世界。伊東の中心街である松川散歩道では、
美しい細工が施された竹筒に中から明かりを灯し、柔らかな光で
通る人々の目を和ませております。その数、およそ400本。
 
市民の方々がワークショップで作り上げた作品の竹筒の光は、
これから夜風が冷たくなる季節に幾多の星と共に煌めきます。
 
「神秘」「幽光」「浪漫」と名付けられた三つのエリアは、
歩を進めるにつれて様々に見え方が変化し、夕の散歩にぴったりかと。
 
風の薫からは車で5分、自転車で10分。ぜひ食後のお散歩に、
松川へ繰り出してみてはいかがでしょうか。
 
 
点灯期間:令和2331日(火)まで
点灯時間:18時から22時まで(時期によって開始時間が異なる場合あり)
点灯場所:松川遊歩道、いでゆ橋、通学橋、音無神社