風の薫 歳時記

風の薫 歳時記
風の薫からのお知らせや近況のご報告をお届けします。

2020年3月3日火曜日

【雅やかな、風の薫・春の献立】

 


明かりをつけましょ、ぼんぼりに
お花を上げましょ 桃の花

3月の桃の節句。
ひなまつりは古典に思いを馳せる春のおまつり。
各地域で様々なひなまつりの催しが行われております。
伊東から車でおよそ1時間弱、稲取という地域では
『雛の吊るし飾りまつり』が行われております。
這子や天児といった、子供の成長を願うお人形から
赤目のうさぎ(病気を退治する)
猿っこ(災いが去る)
桃の実(邪気を払う)など
縁起の良い愛らしいぬいぐるみが、所狭しと吊るされております。

ひなまつりの縁起の良いものといえば、ひし餅。
ひし形に作られた三色のお餅の色目にも、意味があるのをご存知でしょうか。
一番上の赤(桃色)は、桃の花として厄を払う色。
真ん中の白色は、ひしの実として、子孫繁栄の色。
一番下の緑は母子草やよもぎなど若草として、穢れを払う色。

桃の節句が近づきますと、風の薫のお料理のなかにも
ひし餅に使われる3つのお色目が見つかるかもしれません。
一品一品、縁起の良い意匠が込められたお料理の数々が
まるで雛飾りのように、雅やかに卓上に広がります。
日本古来の伝統を大切に思う和食の料理人が、
真心込めてお作りする、風の薫の春の献立。
一口ごとに厄が払われ、春の幸せが訪れることうけあいでございます。

3月からはじまりました、春爛漫の献立をお召し上がり下さいませ。
皆さまのお帰りを、心よりお待ち申し上げております。