風の薫 歳時記

風の薫 歳時記
風の薫からのお知らせや近況のご報告をお届けします。

2020年9月9日水曜日

菊の節句と秋のお料理

 


9月になると、伊東では涼しい風が吹くようになりましたが、
海の上にはまだ時折、入道雲がかかるこの頃。
しかし、お皿の上では秋の景色が広がっております。
秋の献立がはじまりましたが、皆さま、お召し上がりになりましたでしょうか。
この度は、小さな一品として煮物のご紹介をさせていただきます。
菊の花を散らした蟹の飛竜頭をご用意致しております。

飛竜頭は、お豆腐をベースに丸く形作られたお料理で、
関東ではがんもどき、関西ではひりょうず、ひろうす、とも呼ばれています。
ポルトガルにはフィリョースという小麦粉をこねた丸いお菓子があり、
そこからこの名前がついたと言われています。
日本へは鉄砲の伝来と近しく、戦国時代にフィリョースがもたらされました。
江戸時代には小麦粉の代わりにもち米と糖蜜で、これに似せたお菓子がつくられ、
その後に発展して、この料理が作られたと言われています。

秋といえば、重陽の節句。
菊は重陽の花として大切な花ですよね。
重陽の節句は9月9日。本来は旧暦の9月に行われました。
中国から伝来し、平安貴族の間で定着したこちらのお祝いは、
奇数の月日が重なると縁起が良いことから、その時に合わせ、
菊酒を飲み、菊のお料理をいただくなど、
菊の薬効にあやかる大切な行事として守られてきました。

この度の秋のお料理にも、飛竜頭に菊花が散らされて、お色目も美しく
あったかくて美味しい一品でございます。
風の薫の秋のお料理、ぜひ一度お召し上がりくださいませ。
皆様のお帰りを、心よりお待ち申し上げております。